【2016年第10号勝ち組P】チューリップ賞・オーシャンS・弥生賞回顧



【PR】おすすめ無料競馬予想サイト

こんにちは。予想家ナツです。

先日告知した通り、予想スタイルココに来て大幅に変更しました。

早速回収率1000%近い当たりが平場から出ましたね。

重賞は散々でしたが・・・。重賞も本格的に外厩予想を取り入れます。

先週はブログで取り上げたラベンダーヴァレイから入る案もあったのですが、

やっちまいました。あそこから入れば少点数で行けたんですが、無念です。

ただ小倉10R、馬単・単勝で強気に攻めたレースでしたが功を奏しましたね。

それだけでなく平場でも4番人気で上位入選した馬なども含め、

結構好走を繰り返しているので、これからも外厩狙い馬を取り上げます。

また、皆様にも今後どんな講座を開いて欲しいか?と言ったことや

どんな情報がほしいか?など参考までに聞かせてもらえるとありがたいです。

全てを叶えることは難しいかもしれませんが、なるべく

皆様の意向に沿ったものをお届けしていければと思うので宜しくお願いします。

それでは先週の回顧へ入っていきます。

────────────────────────
【チューリップ賞 回顧】
────────────────────────

<レースレベル>

☆~☆2

<レース短評>

ペースは平均かやや遅いぐらい。だが前にいった馬は全滅し、上位勢の能力の高い馬が台頭。

レースの質としてはまぁまぁと思うが、上位2頭は上がりも早いし次の注目してもよいかも。

<次走狙い馬>

ジュエラー・シンハライト・・ラベンダーヴァレイ・クィーンズベスト

1着 シンハライト 勢いに乗っているミルコを凌いでの勝利。馬自体の能力はそこまで評価していなかったが、この勝ち方はなかなか良い。しかし、今までの勝ち方も抜けて強いという感じはしなかったので、まだ不信感もあるが。

2着 ジュエラー 新馬戦からのMy注目馬。能力的には当然上に行っても通用だろう。ロスもあったので本番でより良くなる可能性は秘めているかも。

3着 ラベンダーヴァレイ プラス体重でしたが外厩帰りでびっしり仕上げたのでしょう。上位2頭には及びませんでしたが、立ち回りの良さも見せたし馬体増。もし次も上手くハマれば馬券圏内あるかも。

4着 クィーンズベスト 前目につけた馬で粘り込めた唯一の馬。バテない馬でイメージとしては昨年のアースライズのような感じ。もしかしたらどこかで穴を開けるかも。

5着 デンコウアンジュ この枠からよく頑張ったとは思いますが、G1などではやはり一枚落ちる印象。春シーズンどうこうと言うより古馬になってからローカル路線で見ものがありそうな気もする。

6着 カイザーバル 今回は控えての競馬を試した。今まで結果が出なかったので違った形で乗ったと言う形だろう。馬の素材は良いのだがまだ子供っぽいところもあるし先々は注目できそうな馬だがまだかな。

7着 クロコスミア 力はあるんですけどね。ただ一流馬と当たると足りない。これもローカル路線で伸びしろが有りそうなタイプ無きがする。出来ることなら騎手を変えてほしい。

8着 レッドアヴァンセ えらく馬体が減ってましたね。パドックではフケをみせていた訳でも無いのでちょっとこの馬体減は原因不明。体調が戻ればまだ見どころはありそうな馬と思うが。

<それ以外に気になった馬>

特に無し

────────────────────────
【オーシャンS 回顧】
────────────────────────

<レースレベル>

☆~☆2

<レース短評>

前半相当早い流れになったので、ダラダラと脚を使って、かつ最後も脚を使うという厳しい競馬になった。そんな中で30秒台の脚を使った馬は能力が高い馬と言えるでしょう。

<次走狙い馬>

ハクサンムーン・(激走有)アルビアーノ・スノードラゴン

1着 エイシンブルズアイ まず、早い流れに上手く乗れた点、そして最後に強烈な脚を使えた点。馬場も上手くマッチしたのだと思うが、なかなか強い競馬を見せた。控えて結果を出したので、次も同じような競馬をしてくるか?本番でも向きそうならチャンスはあるかも。

2着 ハクサンムーン 早い流れで引っ張りましたがこの馬の競馬が出来ましたね。本来スロー逃げを得意としているこの馬なのですが、このペースでも粘り通したのは復調気配の証拠ではないか?本番も怖さはある。

3着 スノードラゴン 久々の一戦でここまでやれるとは。厩舎の仕上げの上手さが出ましたね。本番でも差しが決まる流れや馬場悪化なら当然通用の余地はあると思う。

4着 ネロ この馬の競馬は出来ましたね。能力的には1枚落ちますが、それでも内容としては悪くないのでこれからもG3レベルなら見せ場は作れそう。

5着 アルビアーノ 出遅れが響いた感じ。初の1200mで戸惑ったと言う感じもあるかもしれないが、最後は良い脚を使っているし今回のレースは悲観するほどではないと思う。むしろこれがきっかけで柴山に戻って本番で人気落ちなら穴開けるかも。

6着 カハラビスティー しぶとく粘り込む持ち味を活かして今回は頑張りましたね。馬が今状態が良いこともあると思いますが、内容としては相当良かった。

7着 アフォード この条件な得意。時期も得意で惜しいところまで来ましたが、流石に今後は馬券圏内は厳しいか?

8着 スカイキューティー 今の時期出来が良いのでしょう。ただハンデ戦で無いと厳しいか。

<それ以外に気になった馬>

特に無し

────────────────────────
【弥生賞 回顧】
────────────────────────

<レースレベル>

☆2~☆3

<レース短評>

3頭の一騎打ちレース。まぁ上位が強すぎる印象を受けた。ただ、本番では着順は入れ替わると見ている。

<次走狙い馬>

リオンディーズ・(マイルなら)エアスピネル

1着 マカヒキ 良い脚は使いましたね。そして出来が良かったこともあり、ここで勝利。ただどうもワンパンチ足りない印象を受けるので、本番ではどうかなぁと言う印象。もちろん馬券圏内は十分あり得ると思いますが…。

2着 リオンディーズ 8部程度の出来でも普通に勝てると睨んだが最後は競り負け。行きたがる側面を見せていて、この競馬なので本番で更に状態を上げてきて当然勝馬候補に名乗り上げるでしょう。普通に強い。

3着 エアスピネル 距離の壁を感じた気がする。マイルなら手薄な路線だし、NHKマイル向けて作れば好勝負出来ると思いますけどね。

4着 タイセイサミット 上位とは圧倒的な能力差を感じた。クラシックでは厳しいか。

5着 アドマイヤエイカン これもタイセイサミット同様。札幌の競馬を見る限りもうちょっとやれても良いと思うんですけどね、

6着 エディクト 嵌っただけ。

7着 イマジンザット 上位とは能力差を感じた。

8着 モーゼス 自己条件でなら。

<それ以外に気になった馬>

特に無し

以上となります。今週も競馬を楽しみましょう!また連絡させて頂きますm(__)m

予想家ナツ

スポンサーリンク
スポンサーリンク