【2016年第21号勝ち組P】日本ダービー・目黒記念回顧と夏競馬との向き合い方

予想家ナツです。

5月度も早いもので終了し、6月に突入となりますね。

個人的には5月は重賞で全く結果を残せず…。

会員の皆様にはご迷惑をお掛けして申し訳有りませんでした。

平場の方はここまで順調に来ておりますので、

この調子を維持しながら重賞でも一発かまして

6月は完璧な勝利をお届けしていけるよう精進いたします。

そして6月に入り2歳新馬戦等も開催となってきますね。

有力各馬は夏の間は放牧に入り、残っている馬たちは

どちらかというとハイシーズンでは通用しない馬ばかり。

こうなってくると状態面が馬券に直結する形となります。

夏場は例年比較的に成績が良いことが多いのですが、

今年はこれに加えて外厩情報を取り入れた予想となり

例年よりも更に結果を出せるであろう手応えがあります。

更なる進化を遂げた予想をお届けしていけると思うので、

どうぞ宜しくお願い致します。m(__)m

また、夏競馬とのつきあい方ですが

とにかく人気馬を嫌って穴目を狙ったほうが良いです。

この根拠は上記で書いたことともリンクしてくるのですが、

下級条件で好走を繰り返している馬は少し状態が悪かったりすると

平気で馬券圏外に飛んだりする事が多いからです。

そもそも能力の高い馬であれば下のクラスにはいないですし

何かしたら問題点のある馬が揃っているので状態次第で何とでもなります。

だから夏競馬は難しい、という方が多いのですが逆手に取ってしまえば

人気薄の馬を中心に狙っていけば安定した収支を叩く事が出来ます。

好走例に嵌りそうな馬などもこの夏はしっかり取り上げていき、

レース後には何故好走することが出来たのか?

その根拠についても触れていこうと思っておりますので、

こちらも合わせて参考にして頂ければと思います。

それではそろそろ先週の回顧へ入っていきたいと思います。

────────────────────────
【目黒記念 回顧】
────────────────────────

<レースレベル>

☆~☆2

<レース短評>

後方台頭していた馬が上位に来る形となったレース。

それでもINで上手く溜めた馬が上位台頭しているし

馬場による恩恵を受けた馬も多数いる。

そんな中で外枠を引いて勝ち切ったクリプトグラムはなかなか強い。

急成長しているしこれなら更に上を目指せるかもしれない。

<次走狙い馬>

クリプトグラム・マリアライト

1着 クリプトグラム 唯一外目から伸びてきて差し切り。能力の片鱗を魅せつけたしまだまだ成長途上。順調に行けばG1でも通用する馬になれるかもしれない。この競馬なら距離もこなせそう。

2着 マリアライト 交わされてあっさり負けるかと思いましたが、そこからもう一伸びしましたね。根性ある牝馬だし当然、今までの実績からも今後も台頭の余地あり。宝塚記念でも面白いかも。

3着 ヒットザターゲット 内目をロスなく捌いて乗って完璧な競馬をした。こういう競馬が出来るとこの馬は本当に強いし、今後もIN差しが出来る時は軽く見ないほうが良いと思う。

4着 レコンダイト もったいない競馬でしたね。最後の直線で外を選ばず内目でじっとしていれば突き抜けていただろうと思う。しかし馬の手応えはあったし、この馬はGW帰りの時はとにかく走る。今後もその条件で狙いたい。

5着 モンドインテロ 一瞬突き抜けるか?と思いましたが最後は自力負けした感じ。2500mのタフな競馬よりも2400mまでの瞬発力勝負の方が合いそう。

6着 タッチングスピーチ あの位置から競馬したら到底届かない。能力はある馬ですがこういう競馬しか出来ないと言えばそうだし、これではちょっと手が出しづらい気も。距離も短いほうが良い。1800m前後で。

7着 スーパームーン 途中までは良い手応えで伸びてきていたのですが最後の坂で止まってしまいましたね。外を回した事もあるがこの競馬を見ると距離は短いほうが良さそう。

8着 サムソンズプライド 前目につけた馬が壊滅している中この馬だけはしぶとく粘っていた。力はある馬だと思うが今回は展開にも恵まれなかった部分もあるし悲観することは無いと思う。2400m前後なら重賞でも好走する力はある。

<それ以外に気になった馬>

ショウナンバッハ 不器用な馬、と言ってしまえばそうかもしれないが今回は完全に脚を余している内容だしもう少しINをついてロスなく進める競馬をすれば今後も台頭の余地はある馬だと思う。重賞でもチャンスある時は狙いたい。

────────────────────────
【日本ダービー 回顧】
────────────────────────

<レースレベル>

☆2~3

<レース短評>

平均ペースで流れて上位勢はどれも好位置を取れた。

結果的に内目を通った馬が有利になる馬場だったので

マカヒキは鞍上の素晴らしい判断と枠の利点が活きた感じ。

上位勢は力通り入った印象を受けるし、力通りのレースだった。

この舞台設定でやれることは無いが、素晴らしい物が見れましたね。

<次走狙い馬>

マカヒキ・サトノダイヤモンド・エアスピネル・ディーマジェスティ

リオンディーズ・マウントロブソン・レインボーライン・レッドエルディスト

1着 マカヒキ 鞍上の作戦勝ちでしょう。皐月の内容からも後ろからぶん回しの競馬をすると思ったが好位で折り合いをつけた。ワンアンドオンリーの競馬を見ているようだったしこれで川田も更によい馬が回ってくるかもしれませんね。馬自体はここまで伸びるとは思わなかったが、力を認めざるをえない。

2着 サトノダイヤモンド ハナ差2着。落鉄もあってこの内容なので次以降も当然逆転の余地はあると思う。馬体的にも距離はこなせそうだし菊花賞に向かうのかな?当然通用の余地はあるし悲願の初G1のチャンスは秘めていると思う。

3着 ディーマジェスティ エンジンの掛かりが遅いのはいつものことですが、今回も少しズブさは見せましたね。どうせなら鞍上に覚悟を決めて最内のINをつく競馬をして欲しかったが、外に出して3着の内容。上がり一気の瞬発力勝負よりもある程度スタミナを使いながらの競馬が合いそう。力のかかる馬場もこなせるので海外G1チャレンジは良いことだと思う。

4着 エアスピネル この馬体で2400mを先行して粘り込む競馬をするというのは大したもの。しかし母馬もそうでしたが2400mよりももう少し短い所の方が合うと思う。それでもこの相手によく頑張っている。

5着 リオンディーズ 前半で折り合い面に課題を見せて位置取りは後ろから。鞍上も覚悟を決めて乗ったと思いますが、最後は脚色は一緒になってしまいましたね。この内容なら思い切って距離短縮したほうが良いかもしれない。

6着 スマートオーディン 外目から良い脚は使いましたがやはりこの相手には少し荷が重かったと思う。それでもこの世代レベルでの内容なので古馬と混じりだして更に力をつければ手薄なところでG1制覇と言う可能性は秘めていそう。

7着 マウントロブソン おそらくリオンディーズをマークすることだけを考えて乗ったと思う。天下の堀厩舎が世代NO1はリオンディーズと認めているようなものだし、この馬も力はあるのは間違いない。まだまだこれからの馬だしどんな競馬でもできるので当然これからも着目したい馬。

8着 レインボーライン 相手なりにはやれることは内容からわかりましたね。内枠を上手く活かして鞍上もこの馬の最大のパフォーマンスを見せたと思う。この相手にここまでやれるなら秋以降も楽しみ。

<それ以外に気になった馬>

レッドエルディスト あんなロスだらけの外を回して良い脚を使って伸びてきていた。正直この鞍上が乗る限り同じような競馬になると思うが、馬は素質はあると思う。INをついたりもう少し器用な競馬ができるようになれば更なる台頭の可能性も十分。

ロードクエスト 状態面も良くない今回、距離も良くない今回でこの競馬。これも脚質的に安定はしないがマイルなら頂点を目指せるだけの器。

マイネルハニー 距離が持たない。更に荒れ馬場の方が良いので例えばですが天皇賞・秋で逃げ馬不在、荒れ馬場なんて条件が重なったら好走の余地はあるかもと思わせる馬。ここで一気に人気落ちするので次すんなり行けそうな時は抑えたい。

以上となります。今週も競馬を楽しみましょう!

また連絡させて頂きますm(__)m