【2016年第36号勝ち組P】紫苑S・セントウルS・京成杯AH回顧

こんにちは。予想家ナツです。

先週は何もかもハマらずで本当に酷い結果になってしまいました。。。

リベンジに燃えていますので、今週は巻き返していきたいと思いますが、

予想手法自体も完全に春先の予想へ切り替えます。

現代競馬は長期休養明けでもアッサリ激走します。

この点は頭に入れて、有力外厩調整の馬は狙い撃ちの繰り返しです。

先週は呪われているかのように穴の狙い馬が4,5着の繰り返し。

ちょっとした展開のアヤがあれば1つくらいはと思うのですが

これも競馬ですし、期待値の高い馬を狙い続けてまいります。

それでは先週の回顧へ入って行きたいと思います。

────────────────────────
【先週推薦馬 回顧】
────────────────────────

土曜

中山9R サルヴェレジーナ>4番人気4着

先行してそのまま雪崩れ込むだけの競馬。どスローから前が残る流れになっていましたが、

どうせなら思い切って2番手につけていたら結果は変わっていそうだった。

じわじわ伸びるタイプなのでマイペースで競馬出来る時は要注目だと思う。

日曜

<阪神9R アドマイヤシャドウ>14番人気5着

読み通りの流れになり差し馬が台頭する流れになったが僅かに届かず5着。

なぜ狙ったか?と言う声が多そうですがそもそもこの馬は良馬場なら良い脚は使う。

大敗している2,3,4走前は馬場が悪くこの馬の流れにハマらない競馬だった。

それにこの馬は外厩明けですっきりしていると走る馬。今回はその番だった。

だから狙ったが届かず。今後も狙うなら外厩帰り+差しが決まりそうな時。

年齢が年齢だけに上積みは無いがハンデ戦かつ、そう言う条件が揃うなら。

<中山9R メイショウメイゲツ>4番人気4着

鞍上はド下手の村田でしたが、この馬の乗り方について80点は出せる内容。

能力はある馬と思うのでこれに懲りずに狙ってみたいとは思いますが

更に人気落ちして同条件なら十分狙ってみる価値はある。

<中山10R リバーソウル>5番人気4着

外目からすんなりの競馬をして力は完全に出しきることが出来た。

しかしそれでもやや足りなかったのが現状な気はする。

状態面が相当良い時以外は積極的には狙いづらい気はする。

人気薄を連続指名してどれも掲示板止まりって…

悲しい以外の言葉が出て来ません。今週は何とか流れが来て欲しいですね!

────────────────────────
【紫苑S 回顧】
────────────────────────

<レースレベル>

☆~☆2

<レース短評>

前半59.6秒ですが時計の出やすい馬場状態になっていたしやや早いレベル。

それでいて前目に行った馬が殆ど垂れてしまっているのは少し前が不甲斐なかった気が。

そして結局上位入選しているのは結局有力厩舎&有力外厩で調整した馬ばかり。

ここ最近ははっきりと厩舎間の力差が目に見えてきていますよね。

<次走狙い馬>

ビッシュ

1着 ビッシュ この枠から外目で捲くり気味に上がってきてあれだけの着差をつける。はっきり言って力の差が違いすぎる。小柄な馬ですが秋華賞でも当然有力候補。

2着 ヴィブロス よくあの位置からあの脚を使ったとは思う。本番でも同じような乗り方をすると思うが、流れが向いたら一発あるかも。

3着 フロンテアクイーン 力ある馬ですからこれくらいはやれて当然。ただ、上位勢にはやや力の足りない印象があるので最終的には地方ローカル回り位ならと言う感じか。

4着 パーシーズベスト 頑張ってはいますけどね。不器用な馬なので東京の方が意外と合いそう。

5着 パールコード 道中でスムーズな競馬を出来ず、直線でもちぐはぐな内容。状態は良かったと思うがあの競馬では致し方無いと思う。本番では人気落ち必至ですがスムーズながら変わり身はある。

6着 スマートルビー 流れが向いた印象。

7着 ファータグリーン スタミナはある馬なのでこの馬の持ち味を活かすマクリの競馬。ただここでは流石に力及ばずと言う感じ。

8着 ウインファビラス 燃え尽きましたかね。ステゴ産駒の牝馬は燃え尽きるのが早い。

<それ以外に気になった馬>

特に無し

────────────────────────
【京成杯AH 回顧】
────────────────────────

<レースレベル>

☆~☆2

<レース短評>

ロードクエストは開幕週ということもあって早めの競馬をしましたがアッサリ押切。

能力的にはここでは抜けているのはわかっていたので当然といえばそうかもだが強い競馬。

マイルならまだまだ上を目指せると思うし今後の活躍が楽しみになりそうですね。

前に行く馬に有力馬がいなかったので後方待機馬が上位台頭したが決して外差し有利ではなかった。

<次走狙い馬>

ロードクエスト・ダノンプラチナ・ダイワリベラル

1着 ロードクエスト 外目から自力を活かす競馬。いかにも池添に合いそうなタイプ。これからもコンビで行ってほしい。能力はあるのでG1でも通用する舞台はある。マイルCSでも内枠引けば頭まであるかも。

2着 カフェブリリアント 流石は展開の堀厩舎。馬体が増えているのは何ら影響はないが仕上がりもよく好位を上手く立ちまわって上位入線した完璧な競馬。能力的には1枚落ちる気がしなくはないが今回は全てが上手く行った。

3着 ダノンプラチナ 壊滅的な位置からあれだけの脚を繰り出した。58キロでこの内容なら当たり前の話だが上でもやれます。これもロード同様マイルCS選択するなら内枠さえ引けば末脚強襲で頭まである。

4着 ダイワリベラル ほぼほぼ完璧な競馬ですが内目がごちゃつき過ぎましたね。また、外目がなんだかんだで早めに押し上げたこともあり、仕掛けた時には時既に遅しと言う感じでした。もう少し前目ならと言う感じですが競馬は生き物なので仕方ない。地震あったんですけどね…。ただこの舞台設定ならこの馬はまだまだやれる。

4着 クラリティスカイ 同着の4着。完璧な立ち回りを見せてこれは鞍上の120%の騎乗と言えそう。それでいてここまでしかやれないのは…微妙ですけどね。

6着 トウショウドラフタ 舞台設定が悪い。今のこの馬だと1400mの方が良いと思う。なんだったら1200mでも新しい一面が見えるかもしれない。

7着 ペイシャフェリス 自分の競馬は見せましたが今回は相手が悪かった。OPなど自己条件ならやれると思う。

8着 ピークトラム 思い切って乗りましたね。鞍上はナイスな判断をしたと思う。しかしそれでも足りないならここでは能力的にしんどいのかも。

<それ以外に気になった馬>

リーサルウェポン 今のこの馬はマイルよりもう少し距離が伸びたほうが良い。1800~2000mで牝馬限定のハンデ戦なら頭でも通用するレベルだと思う。

────────────────────────
【セントウルS 回顧】
────────────────────────

<レースレベル>

☆~☆3

<レース短評>

福永らしくない騎乗でビッグアーサーがアッサリ好スタートから逃げ切り。

前半はハイペースに持ち込みましたがどちらかと言うとビッグアーサーの自分のペース。

完璧にレースを支配しての勝ちきりなだけに当然スプリンターズSでも1番人気になりそう。

後方待機した馬にはかなり辛い展開になったので、見直せる余地は十分あると思う。

<次走狙い馬>

ビッグアーサー・ダンスディレクター・レッドアリオン

1着 ビッグアーサー 強いの一言。この競馬が出来るようになったら逆らう余地が何も無い。どスローの瞬発力勝負だとブンが悪いが自分の競馬が出来るようになれば無敵になれるかも。

2着 ネロ まさかのこの馬が控える競馬。だがそれでいて上位に来るのでギリメイチだったのが功を奏したか。とは言え能力的にはあと1つ足りない印象を受ける馬ではありますが。

3着 ラヴァーズポイント 力はつけているのは間違いない。この相手にこれだけやれたのは陣営にとっても収穫だったと思うし今後も注目できる馬ではあるが流石に使い詰めなのでそろそろガタは来そう。

4着 アースソニック 位置取りが完璧で流れも向いた。それで上位入線。久しぶりに岩田らしい競馬が見れた感じはする。

5着 スノードラゴン まさかの前からの競馬。新しい一面は見えましたが、これで本番の取捨が難しくなった気もしなくは無いんですけどね…。

6着 レッドアリオン 1200mで新しい一面は見えましたね。いつもならマイルで行けないと最後の直線で垂れる一方だったのですが今回は最後の坂でぐっと伸びた。回りが垂れた、と言うのが答えかもしれませんがこれなら外枠に入って大外ぶんまわしの競馬をすれば坂のある1200mなら一発あるかもしれない。

7着 ダンスディレクター 位置取りの時点で死亡。スタートで後手になって仕方ない競馬とも言えるが。ただ本番ではすんなりスタートを切れれば変わり身は十分ありそうな内容。

8着 エイシンブルズアイ 結果的にここ数戦を見ていると力が足りないのかも。今後は少し狙いづらくなった。

<それ以外に気になった馬>

特に無し

以上となります。今週も競馬を楽しみましょう!

また連絡させて頂きますm(__)m

予想家ナツ