【2016年第40号勝ち組P】サウジアラビアRC・京都大賞典・毎日王冠回顧

こんにちは。予想家ナツです。

先週は平場で久しぶりに良い予想を提供する事が出来ました!

継続して良い予想を出せるよう精進を続けてまいりますし

重賞もガンガン的中を出していけるよう頑張っていきたいと思います!

どうぞよろしくお願い致します。

それでは先週の回顧へ入って行きたいと思います。

────────────────────────
【先週推薦馬 回顧】
────────────────────────

土曜

<東京6R バイオンディップス>

2番人気3着

あれだけ厳しい展開になってよく3着に粘り通した。

500万クラスでは明らかに力は上だし1000万でも通用する。

次走も狙いたい。頭固定で買っても良いレベルでしょう。

<京都6R ダノンレーザー>

1番人気3着

包まれるとあまり良くない馬なので今回は厳しい競馬だった。

力負けではないしトントン拍子で行けば1000万でも通用する。

能力はあるので今後も狙ってみる価値はある。

外枠を引いてすんなり先行できる時は鉄板と思う。

<京都9R マイティティー>

5番人気1着

前目にいた馬に対した馬がいなかったのでスムーズな競馬が出来た。

こういう自分の形になればものすごく強い競馬が出来る馬。

1600万でも通用する力はあるし次も枠と展開次第では買い。

前が遣り合いそうな時は危険な人気馬になるタイプ。

日曜

<東京10R アールプロセス>

2番人気5着

結果的に馬場がよくなかった感じ。

そもそもこのクラスでも通用する力はあるし力負けではない。

良馬場で自分の競馬ができそうな時は買いだろう。

次は人気落ちそうだし手頃な人気なら穴としては面白そう。

月曜

<京都10R ステイインシアトル>

5番人気2着

開幕週の良い馬場でこれだけ楽に行ければ当然粘れる。

展開も流れも向いたが内容としては悪くなかった。

すんなりの競馬が出来ればOPでも通用する力は持っている。

後このレースで負けたバイガエシも重賞勝てる力あります。

今回は全く適正に合わないレースだったし次は頭で狙いたい。

<東京12R アドヴェントス>

1番人気1着

どんな勝ち方をするかだけに着目していたが派手さは無かった。

この内容なら次はそこそこの人気止まりと思うがこの馬強いですよ。

普通に1000万、1600万も勝ち上がれる力有り。次も狙う。

これからも攻める姿勢を忘れずに好走馬の発掘に努めてまいります。

────────────────────────
【サウジアラビアRC 回顧】
────────────────────────

<レースレベル>

☆~☆2

<レース短評>

外差しが強烈に決まるということもあったが勝ち馬は強い勝ち方。

血統背景からもダートの方が良さそうだがこの内容は圧巻だった。

後々大物になる可能性のある馬たちも揃っていた感じはしますし、

レースレベルも低くなかったと思うので朝日杯FSでも上位勢はやれるかも。

<次走狙い馬>

ブレスジャーニー・ダンビュライト

1着 ブレスジャーニー 確かに外差しが決まる馬場ではあったが良い脚を使って唯一33秒台の上がりでまとめた。この馬は追いかける勝ちはあると思うし、地味さが応援したくなる部分でもありますよね。

2着 ダンビュライト 前走が不良馬場での競馬でここでどうなるか全く読めませんでしたが内容は悪くなかった。まだなんとも言えないがOPクラス入りするのは当然かなと思う。

3着 クライムメジャー 前目に言ったので仕方ない部分はありましたよね。前が極端に不利の中で前から競馬して失速なので次は変わる可能性は高い。

4着 ウィンドライジズ 最後までじわじわ伸びてはいた。上のクラスでやれるかはどうかだが500万位ならアッサリ勝てるかもしれない。

5着 バリンジャー 気難しい馬ですね。素質はあると思いますがもう少し競馬を覚えないと厳しいかも。

6着 セイウングロリアス あの伸びる外目から競馬して伸びなかったのは力がないと思う。

7着 ロジムーン 何とも言えない。

8着 サクセスムーン そもそも距離が長いと思う。1200mの方が良い。

<それ以外に気になった馬>

特になし

────────────────────────
【毎日王冠 回顧】
────────────────────────

<レースレベル>

☆2~☆3

<レース短評>

今後G1戦線でも好走するレベルの高い馬が揃っていた一戦。

当たり前だがここのレースレベルは高いし天皇賞・秋に直結すると思います。

しかし上位勢の馬達は外を回した馬ばかりで下位勢と上位がひっくり返るのはありそう。

ルージュバックは確かに強かったが馬場に助けられた部分があるのは忘れないでおきたい。

ちなみにこのレースを見て天皇賞・秋は自信度☆3ぐらい出すかもしれません。

軸馬は決まりました。

<次走狙い馬>

ルージュバック・アンビシャス・ステファノス(激アツ)

1着 ルージュバック 強烈な脚を繰り出しての勝利。元々若駒の時から素質は合った馬だがここに来てパワーアップした印象。牡馬古馬相手にもやれるのは間違いないのだが過剰人気するタイプだけにそこは気になる。

2着 アンビシャス 良い位置から競馬して休み明けながら良い競馬はした。ただ、内容も良かっただけに次は人気するだろうから妙味は無いかもしれませんね。

3着 ヒストリカル 休み明けでスッキリ状態面が良くて差しが決まる馬場というのもこの馬に向いた。全てが上手くいっての激走だしタイミングもわかっていただけにこれを軸にしなかったのが悔やまれる。

4着 ロンギングダンサー 後方から馬場が向いた。それだけ。新潟の2000m以外は馬券にならないのでそこだけ買っていればOKです。

5着 ステファノス 個人的には正直この負け方はめちゃくちゃ嬉しいです。前が詰まりまくってまともな競馬をしていないので天皇賞・秋でもそこそこは売れると思いますがアンビシャスやらの方が間違いなく人気するでしょう。昨年も軸にして儲けさせてもらった馬ですが、個人的にはこれで順調なら天皇賞・秋の軸は鉄板でこの馬確定です。

6着 ディサイファ チグハグな競馬になってしまったのでもったいなかったですね。まともなら馬券圏内だったかもしれませんがG1では1円もいらないので今後は狙うところは無いと思います。

7着 ウインフルブルーム まぁ今の馬場では前目から競馬したら厳しいですよね。平坦小回りのローカル開催なら変わり身を見せるかも。

8着 ロゴタイプ 基本は中山の方が良いと思うのでまた狙えそうな条件があったら狙ってみたい。

<それ以外に気になった馬>

全体的に内側や前にいた馬が壊滅しているので、ここで大敗した馬でも次以降大きな変わり身を見せる可能性は十分ある。

────────────────────────
【京都大賞典 回顧】
────────────────────────

<レースレベル>

☆3

<レース短評>

前日の京都とは一転して前目、内側で溜めた馬が残る展開。

そんな中でスムーズに前目の馬が上位台頭したわけだがキタサンブラックは圧巻の走り。

それにしてもいつもいつも恵まれての好走が目立つ馬なのですが、この馬がいるとそういうレースになるのかも。

運も持っている馬だと思うし今年も好走を続ける可能性が高そうですね。

<次走狙い馬>

キタサンブラック・サウンズオブアース

1着 キタサンブラック すんなり前目から競馬して最後はやや流す余裕のある勝ち方。逃げても良し、先行しても良しと言うタイプなので今後も安定して走れそう。同型がいようとも関係ないしまたG1勝利してサブちゃんの歌が聞けるかもですね。

2着 アドマイヤデウス 内目のINでずっと溜めて強い競馬をしていた。元々力はある馬だが今回は全てが上手くハマっての好走と言う感じ。久しぶりに岩田らしい騎乗が見れましたね。

3着 ラブリーデイ 最も強かった頃の強さがあるかと言われるが嘘になるが今回の内容は良かった。距離も2400mは長いしこの内容なら天皇賞・秋では好走につながると思う。

4着 サウンズオブアース いつも通りといえばそうですが最後に良い脚は使っているんですよね。差しが決まる流れなら外から差し切るだけの競馬はしているしどこかで一泡吹かせる時も来るかもしれないが…。まぁ人気で買うよりも人気薄のときに買いたいタイプではある。

5着 ヒットザターゲット 小牧がほぼほぼ理想通りの競馬はしてくれた。これで足りないなら仕方ない。内枠を引いて良馬場でG2以下の時は狙い目なのでそう言う条件が揃いそうな時は高齢馬ではあるが狙ってみたい。

6着 アクションスター 賞金狙いで出てきただけ。馬券圏内は無理。

7着 ラストインパクト 強気に乗りましたが休み明けということもあってこの馬らしさがありませんでしたね。叩いて一気に変わる馬なので条件が揃いそうな時は狙ってみても良いかも。

8着 ヤマカツライデン 逃げて自分の形に持ち込みましたが力足りず。ココから休みを挟んでもう一回り力をつけて来ればと言う内容。現状ではまだハイレベルでの競馬は難しいか。

<それ以外に気になった馬>

特になし

以上となります。今週も競馬を楽しみましょう!

また連絡させて頂きますm(__)m

予想家ナツ