【2016年第41号勝ち組P】秋華賞・府中牝馬S回顧となぜ穴馬から入ることが正解なのか?と僕の推薦馬のアレンジの方法等

こんばんは。予想家ナツです。

先週は土曜日に平場で13番人気をすっぱ抜きながら勝負Rでハズレ。

そして秋華賞では渾身の◎パールコードも勝ち馬を消してハズレ。

根拠ある穴馬が来ているにも関わらず人気馬のチョイスで失敗。。。

らしくない負け方を連発で繰り返してしまったので、

本当に悔しい週となってしまいましたが、今週はリベンジしていきたい所です!

菊花賞は一見すると堅そうなレースではあるのですが、

枠次第では一波乱あると思いますので、思い切った予想をお届けしたい所。

全力で頑張っていきますので、どうぞよろしくお願いいたします!

また、今週は講座として「なぜ穴馬から入ることが正解なのか?」について書いていこうと思います。

下の方には僕の推薦馬の活用の仕方なども書いていますので、今日は非常にタメになる講座ですので

皆様に読んで頂ければと思いますので、ご一読下さいませ。

【講座;なぜ穴馬から入ることが正解なのか?】

競馬をやっていると人にはあらゆる考え方があると思います。

本命派の方もいると思いますし、根っからの穴党の方もいらっしゃるかと思います。

僕自身は今でこそ穴党と皆様に認知されているかもしれませんが、大昔はどちらかと言うと本命党でした。

例えば単勝1.8倍の馬がいるとして、絶対鉄板だ!と思ったらその単勝にぶち込んだりもしていました。

もちろん的中率は高いですし、利益が上がる時はガツンと上がるのですが資金を突っ込まなければなりません。

例えば1万の予算があるとしましょう。

そして1日何レースもやらず、1日一鞍に絞るなら単勝1.8倍の馬に1点買い、その日の鉄板レースに突っ込んで18000円にする。

メインレースもやらず他をケン出来る力があるのならこの手法は正解なのかもしれません。

実際このような形で利益を上げている方もいらっしゃるかと思います。

僕もそのような手法で取り組んで時期もあったのですが、続きませんでしたし結果的に利益も上げられなかった。

そこでアレンジして、1日3Rほどチョイスして単勝3倍以上つく馬を狙い続けるスタイルに変更しました。

ようは3つのウチ1つ当たればプラス収支になるというスタイルです。

1万予算があるとしたら、1Rに3000円ずつ均等買いして勝負する。

そして必ず単勝3倍以上つく馬を狙っていく事を徹底し続けました。

VIP会員様にはお話したことがあるかもしれませんが、一時は競馬以外の事で借金だらけになった事もありましたが、

この手法を取り組んでタイミング良く予算アップしていった時に上手くハマリまくり、一気に資金が増大。

そこから競馬だけで生活出来るようになった、という事が昔ありました。

1Rのガチガチの馬に張り込むより、単勝3倍以上の馬を3R買うスタイルに変えてなぜ利益が上がりだしたのか?

答えは簡単ですが3-1で的中ならトントン以上、そして3-2以上なら大幅プラス、3-3ならとんでもないプラス

という3段階にわけてリスクを分散させることが出来たからです。

どれだけガチガチで鉄板の馬としても1着になるには展開のアヤや紛れなどもあります。

だから単勝1倍台の馬でも平気で馬券圏外に飛ぶこともありますし、そういうレースは腐るほどありますよね?

むしろ堅い人気馬が飛ぶレースというのは妙味ダラケになる事が多いんです。

しかし「大衆意見では圧倒的に抜けている馬から入るのが正解」とされていますよね?

例えば先週の秋華賞であればビッシュはまず間違いない軸と言われていたはずです。

ですが不安材料が沢山あったのにも関わらず、あれだけの人気になっていた。

ヴィブロスもそうです。不安材料が沢山あったにも関わらずメディアが騒ぎすぎていた。

結果的にヴィブロスは馬券に絡んでしまいました。短期的に見ると確かに悔しい結果です。

ですが、仮にのお話ですよ?ここからはあくまでもタラレバのお話になるのですが

先日の秋華賞で 1着◎パールコード、2着○ジュエラー、3着カイザーバルだったらどうなっていたか?

僕が提供した買い目は以下の通りでしたが…

馬連  ◎ー○▲☆☆ 4点 (本線)
3連複 ◎ー○▲☆☆ 6点
3連複 ◎ー○▲ー印 17点
3連単 ◎⇒○⇒印  9点

馬連  2680円  的中
3連複 16,990円 的中
3連単 91,100円 的中

総合計110,770円 回収

仮に全買い目を均等買いしていたとしたら 36点

と言う少点数にも関わらず、回収率3000%を達成出来ていたのです。

当然馬連にもう少し厚めに行って3連単はおまけで買う方もいれば、

3連単も厚めにいってもっと回収率が素晴らしい数字を出した方もいたかもしれません。

正直、予想を当てて回収率105%とか110%程度だけ狙うならもっとシンプルな買い方があります。

例えば軸を穴軸2頭にして相手馬も本命サイドを加えて、過剰人気でも消さない、とか。

このレースにしても軸馬をパールとレッドアヴァンセにして人気サイドも消さなければその程度は出せます。

数字的には200%ぐらいは回収できたかもしれませんね。

そうすれば秋華賞で200%回収達成!ともブログで書けたかもしれません。

だけど僕の場合はコツコツ貯金をするというよりも一撃回収が自分の信念にあります。

何十年も競馬をしてきてようやく見えてきた最終形態です。

これが自分の性格にもあっていますし、最も効率が良いと判断しました。

(僕はキャバクラで豪遊したいので1日100万とかやっぱり当てたいクチです。笑)

外れたなら外れたで家で大人しく競馬予想して来週に備える生活をしています。

穴軸から攻めてハマったレースで一撃回収をする。

上手く噛み合えば1日1万の予算でも100万という数字もありえなくはないですし、実際に達成したことも何度もあります。

この予想配信をスタートしてからも買い目公開して数百万や数十万レベルの馬券は何本も獲ってきました。

【では、本命軸ー本命の馬を買い続けると結末はどうなるか?】

当たるには当たりますけど回収できず勝ったとしても数万、負ける時は0円なんです。

穴軸から点数を絞って入ることで負けるリスクは確かに増えますが、上手く噛み合えば凄いことになります。

僕は競馬の醍醐味ってそこだと思っていますし、今後もこのスタイルを変えるつもりはありません。

ただ、皆が皆そうとは限らないですよね。

予算に限界がある方ですと、資金がそこをついてしまう可能性だってあると思います。

では、ここから僕の配信をどのように活用したら良いのか?書いていきますね。

【ナツの毎週のメールをフル活用する方法】

例えば毎月コツコツでも良いから数万円増やせたら最高!という方もいると思います。

そういう方には特に「僕の穴軸や穴馬からアレンジして手広く」買っていただくのかが正解だと思います。

基本的に僕の狙っている馬は人気のない馬ばかりですが、人気馬でも平気で不安材料があったら消すスタイルです。

だから今回のように強烈な穴軸が来ているにも関わらず、馬券は外れてしまっています。

僕としては思い切って消した人気馬が来ても後悔は無いですが、資金がどこまでも続かないという方には

アレンジしてもらって毎月勝てるような独自の馬券術と組み合わせて頂くのが最高ではないか、と考えています。

今回の秋華賞でも自分でアレンジして、ヴィブロスは消すほどでもないと判断したから的中しました!

と言うメールやパールコードは買うつもり無かったけどナツさんがそこまで言うなら抑えておく!

というメールも頂いております。

だから、ベストのスタイルとしては

・自分で予想を組む

・その上で僕の配信を見て頂き、照らし合わせる

もちろん合致すれば自信度をUPしてもらってぶち込んでもらうのはOKと思います!

ですが、逆に予想が真逆だったら?

そう言うときは僕の穴軸や穴馬だけご自身の予想に組み替えてみたりしてみる。

こうすることで僕の穴軸が来たら間違いなく配当妙味は増すので、損はないと思います。

夏場で言うと小倉記念の◎軸クランモンタナなんてまさにそれだったのではないでしょうか?

あの時はちょうど競馬仲間と一緒に競馬していたのですが、そんな馬来ないだろと言ってました。

ですがナツが言うなら抑えておくよ、といって結果1着で突き抜ける形になっていました。

このようにして頂ければ皆様もストレス無い競馬を楽しんでもらえると思いますし、

自分の意見も予想に組み込む事が出来るので最高の競馬を楽しめるはずです!

ただ、否定的な意見もあると思います。

丸乗りしてでも勝たせるのが金取ってる人間の責務だろ。と言う意見もあるはずです。

ですが僕自身は現在、毎月2980円でこれだけの情報を提供させて頂いております。

この2980円で僕の配信を活用する価値がないのか?あるのか?

無いと思うなら辞めてもらって結構ですし僕も去る者追わずのスタイルです。

僕は僕のスタイルを貫いて、皆様に役立つ情報を出していければと思っていますし

多くの方の競馬ライフを楽しいものにしたい!と言う気持ちが強いです。

もちろんこれが月10万の情報料金をとっていて、投資競馬を謳っていたら話は別ですよ?

それだけの金をもらってるならマル乗りでも勝たせないと駄目でしょうね。

そう思う方はそういう投資競馬で丸乗りでも勝たせるよ!と言う所に入れば良いかと思います。

それなら楽してでも勝てるなら月10万払う価値はあると思います。

色々な楽しみ方があるのが競馬ですし、努力して楽しむのも競馬です。

僕はマル乗りではなく、こうした皆様の競馬力が上がる内容もこれからもお届けしていこうと思っていますし、

「皆で一緒に競馬を楽しむ!」というスタンスでやっていきたいと思っております。

もちろん、僕自身もこれから更に予想力をつけていく努力を惜しみません。

更なる穴馬追求に向けて精進していきます!!

そしてこれからも皆様のお役に立つものをお届けしていければと思います。

長くなりましたが、今後共どうぞよろしくお願いいたしますm(_ _)m

それでは先週の回顧へ入って行きたいと思います。

────────────────────────
【先週推薦馬 回顧】
────────────────────────

土曜

<京都7R タガノスカイ>

13番人気2着

そもそも当該条件では好走も多かった馬が過小評価されすぎ。

あの位置からスムーズな競馬をすれば当然好走出来る馬。

この馬は内目で溜めてロス無い競馬をすれば強いので、

逆に外枠配置されたりスムーズな競馬が出来ない時は消し。

<東京7R マイネルシュバリエ>

5番人気4着

良いペースで楽に行けましたがやや早めに後続に絡まれましたね。

もう少しスローに落として最後の直線に備えれば結果は変わっていたはずですが

ああいう競馬になったので致し方ない部分はあったかもしれない。

冬場は安定して走る馬なので今後も当該条件や中山ですんなり行けそうなら狙い目。

<東京10R マカハ>

11番人気12着

今回は全く見せ場ない競馬でした。

もう少しまともな競馬ができると思いましたが、展開も向かず。

東京のこのコースで外枠に入った時は変わる材料はある馬なので

今後も同じような条件の時は狙ってみる価値はある。

今回は相手も強かったし格下相手に変わったりすれば激走もある。

<新潟10R デバイスドライバー>

4番人気2着

直線で一瞬詰まったのが大きな敗因と思いますがこういう馬。

馬は状態も良かったと思うし人気も飛んだので配当も意外と跳ねた。

基本この馬の狙い所は休養明けか外厩帰り。

そこで左回りの下級条件なら安定して走るので覚えておいてほしい。

日曜

<東京10R セイカフォルテ>

3番人気4着

めちゃくちゃ売れていましたね。年齢的なものから被るとは思いませんでしたが。。

そもそも今回は前がそのままのこっちゃったのでこの馬には向かない流れ。

それでいてここまで来れたのは上等だしこれからも冬場は安定するはずなので狙いたい。

<東京11R レコンダイト>

6番人気8着

状態面は間違いなよく良かったはず。まさかこんなに負けるとは…。

前目に付けたのが良くなかったのかもしれないがこんな馬ではない。

次は後ろから溜めてINをついての競馬に戻せば変わるはず。

アルゼンチン共和国杯はこれで一気にハンデも落ちるはず。

内目を引いて斤量も軽ければ大穴軸で推薦します。

これからも攻める姿勢を忘れずに好走馬の発掘に努めてまいります。

────────────────────────
【府中牝馬S 回顧】
────────────────────────

<レースレベル>

☆~☆2

<レース短評>

良いメンバーが揃っていたがレースレベル自体はまぁまぁかなと。

叩き台の馬が多かったし力を全力で発揮できなかった馬も多かったように思える。

ややスロ~平均程度で流れて距離適性云々よりも状態の良さが直結したレース。

上位勢は外厩でしっかりやられている所が多かったし人気どおりに決着。

内容としてはつまらないレースだったとも見れるがエリ女でどうなるか?

次に向けて良いレースを向けた馬を探していきたいと思います。

<次走狙い馬>

クイーンズリング

1着 クイーンズリング 昨年のVマイルでも軸にした馬。力はある馬だし久々も山元TCでやって良い状態で出てきたのも好走要因。距離は伸びても大丈夫とは思うがエリ女よりはマイルCSの方がこの馬の持ち味を活かせるような気もする。

2着 マジックタイム ここを叩いてマイルCSへのプラン通り。良い叩き台のレースも出来たと思うし1800mよりマイルの方が良いので次は期待は持てそうだが今回はINの開いたところを伸びただけとも言える内容ではある。

3着 スマートレイアー 次はエリ女へのプランもあるようだがこの馬は距離伸びてもあまり良くないと思うので個人的にはマイルCSの法が良いと思う。今回のレース内容は悪くなかったがもう少し格好は付けても良かったかなぁと内容的には感じた。

4着 アスカビレン このメンツ相手にもやれることが証明できましたね。最後までしぶとく併せ馬で伸びていたし展開がハマれば十分上でもやれる。ただ、ここ結果を求められる一戦だった。なぜならここで結果を出さないと秋は大きい所でやれなかったので、その事を考えるとまだ力をつけないとG1では足りない馬だと思う。秋になって涼しくなっても同じパフォーマンスが出来ればローカル重賞位ならアッサリ勝てる。

5着 シュンドルボン エリ女に向けて完璧な叩き台のレースになったと思います。外目から脚を使っていたが脚を余していたと思うし最後は坂で止まったもののこの内容なら脚の使い所次第ではエリ女でも足りるかも。

6着 カフェブリリアント マイル以下がベストなのでむしろもう少し距離は短い方が良い。マイルCSは能力が足りないので次好走するなら阪神牝馬Sあたり。

7着 シングウィズジョイ シャルールが外から来なければこの馬の形に持ち込めたと思いますけどね。楽に行ける時は強いが絡まれるとさっぱりなので今後も楽jに行けるときを狙いたい。

8着 リーサルウェポン 今のこの馬は距離が伸びたほうが良い。2000mのハンデ戦ならガラリ一変はある。

<それ以外に気になった馬>

シャルール この形でも無理となると気持ち的な問題なのか…。力はある馬と思うので距離延長ならもう一度だけ見直してみたい。それで駄目なら今後は狙いづらいかも。

────────────────────────
【秋華賞 回顧】
────────────────────────

<レースレベル>

☆~☆2

<レース短評>

前半は読み通りそこまでペースは上がらず、今の京都ならやや遅い位の平均ペースに。

位置取りを見てもわかるが後方過ぎた馬は脚を余して負けていることから位置取りの差もあったレース。

結局力があって絶好位で競馬を出来たヴィブロス・そしてパールコードが順当に上位入線。

早めに仕掛けたカイザーバルも元々力はあると思っていた馬だしそう言う意味では順当な結果なのかも。

<次走狙い馬>

ヴィブロス・パールコード・カイザーバル・ジュエラー・ミエノサクシード

1着 ヴィブロス 位置取りは完璧。しかし小柄な牝馬のこの馬がこの舞台でこれだけの競馬は出来るのは力をつけている証拠。目下絶好調。ただエリ女で足りるかと言われると小粒のメンバーに勝っただけだしハマっただけなのでなんとも言えない。

2着 パールコード 位置取り完璧、そして鞍上も100点の騎乗。これで勝てないなら諦められる内容だったし、川田は馬の力は引き出した。無理してINをついて早めに仕掛けていたら勝機もあったかもしれないが、素晴らしい内容ではある。馬の力はあるのでこれから更に力をつければ上でもやれる馬になるかも。

3着 カイザーバル 2歳時には間違いなく強くなる馬と皆様にお伝えしたかもしれませんが、ここに来て素質開花。あれだけ掛かりながら良く3着に粘り通した。ロングスパートしても良い脚をずっと使っているので距離は持つと思うが折り合い面に課題があるので現状はマイルぐらいの方が良いのかも。

4着 ジュエラー 力は出したと思いますが位置取りが悪すぎた。もう一段前で競馬していれば変わり身もあったかもしれませんが、らしくない競馬だったとは思う。距離は伸びても悪くないと思うが、外に出したほうが鞍上も伸びると言っているように、脚を活かせる展開の方が合うのかもしれない。

5着 レッドアヴァンセ 無駄なく乗って掲示板には来たが現状は力不足なのかもしれない。能力はかっている馬だが現状では距離はマイル以下、かつハマらないと厳しいのかも。

6着 クロコスミア 楽に行けたのが粘り通せた要因でしょう。力は無いとは良いませんが、折り合いに課題のある馬なので今後も難しそう。ローカルあたりで自分の競馬が出来れば好走の余地もあるかも。

7着 パーシーズベスト 内目で溜めて最後の直線に脚を活かす競馬をしたが位置取りが悪すぎ。これでは届かないと思うし馬もまぁまぁとしか言えない。上では難しいのでは。

8着 ミエノサクシード これね、あの壊滅的な位置取りから良く差してきた。川島に乗り替わって馬が変わったかのような激走を繰り返しているし手が相当合うのだと思う。このコンビならローカル重賞ぐらいなら軽く勝てると思う。次も。狙いたい。

<それ以外に気になった馬>

デンコウアンジュ これも壊滅的な位置取りから競馬して最後は良い脚は使っている。見限れないとは思う。差しが届く流れなら。

ビッシュ そもそも舞台設定も合わないしこの馬の場合坂のあるタフな競馬の方があっていると思う。重馬場でも行けるし冬の中山とか合いそう。洋芝も合いそう。

以上となります。今週も競馬を楽しみましょう!

また連絡させて頂きますm(__)m

予想家ナツ